CF計算書

CF計算書(C/F)の基礎を分かりやすく解説!

キャッシュフロー(CF)計算書ってなに?

CF計算書から分かること

CF計算書とは、会社の1年のお金の流れがわかる表です

会社が何にお金を使い、どうしてお金が出ていったかが分かります

CF計算書は「現金」の収支

CF計算書は、「営業CF」「投資CF」「財務CF」の3つに分けることが出来ます

貸借対照表の「現預金」の残高を比べれば、前期からどれくらいキャッシュが増えたか分かりますが、CF計算書を見ることでその増減の内訳を知ることが出来ます

CF計算書の構成

CF計算書では、現金の動きが大きく3つに分類されます

営業CF:本業の営業活動による現金の増減

投資CF:投資による現金の増減

財務CF:資金調達と返済による現金の増減

営業CFとは?

企業の営業活動によって流入・流出した現金の動きが記載されます

たとえば「商品を販売した得た現金」や「仕入のために支払った現金」「従業員の給料として支払った現金」などがあげられます

投資CFとは?

企業の投資活動によって流入・流出した現金の動きが記載されます

投資を行い現金を支払うと投資CFはマイナス、建物などを売却すると投資CFはプラスになります

財務CFとは?

資金調達と返済による現金の動きを表しています

資金を調達したらプラス、返済したらマイナスになります

数字の理解

キャッシュの増減の意味

CF計算書は本業の営業活動、投資活動、財務活動による現金の動きの流れを表した会社の成績表です

キャッシュの動きを3つに分けて表すことで、なんの活動によってキャッシュが増減したのかを知ることが出来ます

貸借対照表、損益計算書とともに企業を見るうえでとても大事な指標のひとつです